top of page

それでもどっちに行ったら分からない時は 【Vol 5】

高いところに上ってもそれでもさっぱりわからない時ありますよね。今 色んな情報や

意見が世の中に溢れかえっていて、その中には誤った情報や、作為のあるコントロールされた情報もあります。そんな時に一体どれを信じていいかわからないと思います。そんな時はまず、その情報の大元をまず調べて見ます。そのうえで、その意見と真逆の意見も聞いてみます。さらに、今起きている現実が、真実だと思うので、そこの部分を情報と照らし合わせてみる。。。具体的に例ですが、【VOL 1】でアメリか大統領のことについて書きました。今までアメリカの政治にはそこまで興味はなかったので、もちろん主流メディしかニュースは見ていませんでした。トランプさんが大統領になったとき、彼は白人の金持ち優遇の政策だって思ってました。私はアメリカで、税理士をしていますので、実際お客様の申告書を準備していて、あれ?増税だって話だったけど、違うよね、、、ってそこで違和感。そこでコロナ下でYOUTUBEでニュースを見始めて、主要メディアでは言ってなかった彼の4年間の大統領任期で行ってきた政策を知り、それが私たちの生活にもちゃんと反映されてたってことに気が付いたのです。先日、トランプ大統領が、薬の値段を下げることができました、というブログを会社のほうのブログで取り上げましたが、早速バイデン政権で、それを大統領令をつかって取り下げ、特にインシュリンの値段の保険カバー率を変更した結果、日常で使用しなければ命に係わる人々の生活に直接大きな打撃を与えています。このことに関する非常に説得力のあるアメリカ人のお母さんのYOUTUBE、こちらのリンクから是非ご覧ください。 https://youtu.be/vPqRfIdtUXM 【気づいたときにはもう遅い】


そこでもわからない時、、、自分に問てみてください。どっちが自分にしっくりくるかってことを。そのしっくり来る感じ、それが直観です。直観の鋭さが色んな場面でそして未来の自分のために一番大切なこと。。。直観力に関してまた別の機会に書きますね。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

一年ちょっとの介護が終わってみて思うこと

父が亡くなって思うことがたくさんあります。それは一つには後悔であったり、悲しみであったり、それが入り混じってまるで、あの時、あの選択をしてなかったら、という思いが 思い出とともに繰り返しやってきます。もしもあの時、そういう選択をしなかった後の未来を想像したりするのです。 一つには、あれほど嫌がっていたペースメーカーをどうしていれてしまったのだろうかという後悔でした。2020年、左の耳が突然聞こえな

7/4/2022 大切な父が旅立って逝きました

できるだけ思い出しながら記載していこうと思います。この手記がもしかしてそういった情報を探している人が一人でもいて助けになりますように。 2020年11月下旬、お手洗いに行き、便秘のため力みすぎたのか、立ち上がれなくなり急いで救急車を呼びました。搬送先の多摩病院にて、2日の検査入院。検査入院の結果、そこまでの悪いところはなく自宅に戻ってきたその日の夜、2階の部屋でどうしても寝たいからと、私の言うこと

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page